派遣プログラマーのメリットやデメリットは?正社員との違い

こんにちは^^仲ちゃんです。

私は、正社員のプログラマー
として2年半働き、その後、
フリーランス(個人事業主)
すなわち契約社員として、
6年半ほど、システム開発の
仕事に携わってきました。

働き方は自由、人それぞれです。

これから、派遣社員として
プログラマーやシステム
エンジニアとして、働いて
いこうとお考えの方は
ご参考にして頂ければと思います。

 

派遣プログラマーのメリットとは?

 

メリットその1.時間、わがままの融通がきくこと

派遣なら、期間契約であるため
嫌なら、現場を変えることができる

という点から、自分の生活
スタイルに見合った働き方ができる

という点は、メリットかもしれません。

契約の内容にもよりけりですが
7時間で残業なし

3ヶ月の期間契約のみ

など、案件にもよりけりでしょう
けども、ある程度の融通はききます。

メリットその2.意外と高収入が期待できる

派遣のプログラマーの時給って
東京では2000円~3000円の間、
大体2500円前後が平均のように
みえます

※とある求人サイトを参考

地方に目を向けると、だいたい
2000円前後という感じかな?

月の勤務時間×時給ですから、
200時間働いて、2500円の時給
ならば、50万という金額になります

ただ、派遣会社の取り分や
個人で、年金や健康保険、
ましてや確定申告もしないと
いけなくなり、自分の生活を
守るためのお金も必要です。

ただ、それらを差し引いても
手元に残るお金は、正社員より
かは多いですね~

派遣といえど、技術職であります
から、それなりに評価は高いのです。

メリットその3:気が楽である

正社員だと会社のルールだの、
先輩後輩の関係など
面倒な事が多かったりしますが、
社内行事などに参加しなくても
いいし、気が楽であることです

派遣社員なら、時間になれば
スッと帰れるので、プライベート
の時間は有効に使えますね^^

職場ではそれなりに気を使う
でしょうけど、自社に戻って
勉強会だの、後輩の面倒を
みなければいけない。

ということがないので、
私の場合、フリーランスとして
活動していたときは、
精神的には、楽でしたよw

プライベートも充実していましたので(笑)

さて、いいところばかりを紹介
しましたが、実はデメリットも
ズシっと重くのしかかるほどの
ものです(笑)

 

Sponsored Link


 

派遣プログラマーのデメリットは?

 

デメリットその1:クビになったらプー太郎

大体、リリースになる1か月前には
連絡がくるはずですが、慌てて
次の仕事を探すも、マッチする
案件がなければおしまいですw
次の月は、プー太郎です^^;

私がフリーランスとしてやってた
ころは、運がよくクビになって
次の仕事がない!ってことは
ありませんでしたが、それは
たまたま私の運がよかっただけで
現実には、仕事がない人もいたのです。

綱渡りの人生には違いないので、
この辺りは、リスクとして
しっかりと頭の中に入れて
おきましょう。

デメリットその2:転職時に不利

あまり数か月や半年で
仕事(案件、現場)を変えていると、
もし仮にですが、正社員になろう
としたとき

“転職時に不利”

だということも考えられます。

短期間で現場を変わっていると
次の面接などで、指摘される
ことがあります。

人間性?技術が乏しい?

と疑われても仕方ありません。

いくら現場が嫌でも、すぐに
コロコロ変えていると、
飽き性だと思われ、いくら
技術があっても、すぐに現場を
出ていってしまうのではないか?

と採用担当の方を不安にさせてしまいます

なるべくなら、同じ現場で
長い年月働けるのが理想で
その間に、資格取得や新しい技術
を取得したりするのが
良さそうですから、もし、1年に
数回も現場を変えているよう
でしたら、ちょっと立ち止まって
考える必要はあるでしょう

デメリットその3:ボーナスや退職金制度がない

なかなか、単価(時給)を
あげるのが難しい。。
というのが派遣の現実です

また、賞与は当然ながら
ありませんし、退職金制度が
ないというのも将来を思うと
不安につながるかもしれません

なので、将来、結婚を考えてるとか
もっとステップアップしたい方は
派遣社員という道は、選ばない方が
いいかもしれません

が!!

こればかりは個人の生き方、
考え方なので、絶対に
こうした方がいい!という
ことは、私・・・経験者で
ありながらも断言はできません^^;

その人の勝手なので(笑)

あとはご自身次第ですから、
結論を焦らずに。。お願い致します。



 

派遣プログラマーと正社員プログラマーの違いは?

 

①給与面での補償

正社員だと、仮に仕事がなく
待機要員になったとしても、
60%程度の給与補償があるということ

※実際に私がいた現場でそういう方がいた

※病気・怪我などの場合は、60%と決まっていますね。

そして、なんといっても正社員は
ボーナスがありますし、昇給もあります

安定を第一優先とするのなら
正社員の道を選んだ方が無難であります。

 

②社内での待遇

会社での待遇というのも派遣と
正社員では違うでしょう。

例えば、正社員だったら、
社内での教育、研修制度があり
自分が勉強したいことは、会社が
負担してくれたり、経験者である
先輩や上司など、自分が
ステップアップしていくために、
当然ながら援助してくれます。
※ブラックでない限りは(笑)

かたや派遣社員については、
自分の実力次第ですから、例えば
新しいプログラム言語を覚えようと
したとすると、自分で本を買ったり
学校に通って自腹で覚えなければ
なりませんよね^^;

となると、不安になるかもしれ
ませんが、もし自分が登録して
いる派遣会社に多少なりとも
不安がありましたら、私が
紹介するテクノウェイブ
登録してみてはいかがでしょうか?

テクノウェイブへの派遣登録
メリットとしては、

①ITエンジニアの仕事が豊富

あまり業界経験がなくても
大丈夫!ということなので、
駆け出しのプログラマーの方でも
安心して登録できるのはありがたいです。

②交通費が全額支給

大手の派遣会社は時給に
交通費が含まれています。

しかし、テクノウェイブでは
時給とは別に、交通費は
全額支給という好待遇!

③プロによる無料のIT技術動画で学習できる

もし、今の技術に不安があるの
ならば、登録者限定ですが、
現役バリバリのプロによる、
プログラミング動画が無料で
利用でき、技術力の向上が目指せるのです!

普通では考えられないことが、
テクノウェイブでは実現されて
いますので、これを利用する手は
ないでしょう!

登録は1分もあれば簡単に
終わります。

登録はこちらからです。

【IT派遣テクノウェイブ】

これから、派遣のITエンジニア
として働いていこうと決意して
いらっしゃるのなら、迷わず
テクノウェイブがおすすめですよ^^

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

私の最終学歴は、高卒(県立)です。 田舎から東京へ行き、フリーターを2年経験。 21歳の時、未経験で正社員のプログラマーに!! 正社員として2年半、その後転職して フリーランスとしてシステム開発の仕事を6年半。 合わせて9年間行ってきました。 要件定義~納品。運用保守まで担当。 主な言語は、PL/SQLです。 現在は、理由(ブログでご覧ください)があって サービス業に従事(薄給です泣) もし、現在の仕事で悩んでいることがあればお気軽にコメント、ご相談ください^^ 経験者として少しはお役に立てるかと思います。