システム開発(IT関連)の仕事は、何歳(いつ)まで出来る?

 

IT業界に飛び込み、最初にする
仕事と言えば、コーディング

そう、プログラマーとしてまず
下積みをするのが、IT業界では
一般的となっています

 

 

新卒で就職したのなら、
20代中盤~後半くらいまでは、
プログラマーとして経験を積み、
企業によりけりですが、
30歳前後で、システムエンジニア
としてステップアップ

 

 

という道をたどっていきます

 

 

さぁ、これからというときに
システム開発の仕事は何歳まで
できるのだろうか?

 

 

システム開発
 

プログラマーをずっと
やっていたいのか??

 

 

システムエンジニアの仕事が
思ったより自分に合っていて
ずっと、40代、50代になっても
続けていたいなぁと思うかもしれません

 

 

じゃあ、定年までプログラマーや
システムエンジニア、
システム開発の仕事ができるのか

 

 

というと、やはりこれは
本人の意思もそうですが、
企業・会社の方針次第なのです

 

 

とある情報では、定年まで
続けている方もいますが、
やはり、システム開発は40歳くらいまで

という説もあります

 

 

そのあとは、開発ではなくて
プロジェクトのリーダー、
コンサルティングなど、
会社の都合によって、
役員になったりと上役になる
確率、可能性が高いです

 

 

大体は、マネージメント、管理職
になる方がほとんどかと
私の見てきた感じではそう思います

 

 

ですから、ずっとシステム開発を
続けていたいと願っていても
これは、会社の方針に従うのが
従業員ですから、必ずしも
40歳を超えて、システム開発の
現場に出られるかと言われたら
確証はないでしょうね。。

 

 

もし、役職や給料は気にしない
から、俺は俺で自由にやりたい
システム開発で食べていくんだ!
続けていたいんだ!という
方は、フリーランスに
なってみてはどうでしょうか?

 

 

Sponsored Link


 

 

また、独立して見える方も
いらっしゃいますね~

 

 

んまぁ、お客さんとなってくれる
会社の方々と強い信頼関係が
あったり、自分でやっていける
自信があればですが。

 

 

もし、フリーランスの受け入れ
オッケーな会社があれば、
そこと契約して、ご自身の
システム開発者としての単価が
プログラマー程度でも良い
というのであれば、きっと
貴方を必要としてくれる現場
はあるはずです

 

 

そりゃ、単価が同じであれば
経験者の方が良いですし、
本人がその契約金額で良いという
条件のもとですから、需要はあると思います

 

 

ただ、経験があって、単価は
安くても良いと言っておいても
現場によっては、やはり年齢で
はじかれてしまうことが
ありますから、そこは、
フリーランスになってから、
営業の人と話し合って
可能か、不可能か判断していきましょう

 

 

年齢を重ねても、システム開発
にやりがいを感じ、現場前線で
働きたいのでしたら、必ずしも
正社員でなければならない
ってこともありません。

 

 

フリーな生き方も人生。

 

 

私は、好きなら続ければいいじゃない

 

 

そう思いますよ^^

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

仲ちゃん先生の最終学歴は、高卒(県立)です。 田舎から東京へ行き、フリーターを2年経験。 21歳の時、未経験で正社員のプログラマーに!! 正社員として2年半、その後転職して フリーランスとしてシステム開発の仕事を6年半。 合わせて9年間行ってきました。 要件定義~納品。運用保守まで担当。 主な言語は、PL/SQLです。 現在は、理由(ブログでご覧ください)があって サービス業に従事(薄給ですw) もし、現在の仕事(ITでもサービス業でも)で 悩んでいることがあればお気軽にコメント、ご相談ください^^ 経験者として少しはお役に立てるかと思います。