令和を使った会社名やサービス名のドメイン取得方法や具体例

2019年5月1日より、元号が「令和」になりますね!

令和を使ったドメイン名の具体例や取得方法を紹介していきますね。

新元号を使ったドメインの具体例

 

例えば、平成の場合だと、一番いいのは、heisei.comというドメインですが、新元号の令和の場合、「reiwa.jp」とか、「reiwa.com」が良いです。

しかし、競争が激しく、ドメインが取得できなくても、令和(reiwa)+会社名やサービス名を組み合わせることで、新元号の入った、ドメイン取得ができるのです。

具体的な例を挙げてみましょう

1.reiwa+searvice.com

2.新元号+サービス名.jp

3.新元号+商品名.xyz

まだ、新元号の発表があったばかりですから、新元号のドメインを取得するのなら、早い者勝ちです。

お名前.comにアクセスして、新元号ドメインをゲットしましょう!

↓新元号が入ったドメイン取得はこちらからお早めにどうぞ!↓


では、新元号が入ったドメインを取得することで、どのようなメリットが得られるのでしょうか?

新元号のドメインを取得するメリット

新元号が入ったドメインを取得することで、得られるメリットはこちら!

メリット1:高く売却できる可能性が非常に高い

よくオークションで、ドメインの売買が行われていますが、数十万円の場合もあるし、アメリカなどでは、億単位の取引も過去にあったのです。

人によって、その価値とは異なるものですが、新元号だけのドメインが取得できた場合、高値で取引される可能性が非常に高いです。

何百万、何千万という値段がついて、一獲千金を夢見る人も多いでしょう。

もちろん、お名前.comでもドメインの売却ができるので、良いドメインが取得出来たら、売却してみてはいかがでしょうか?

↓新元号のドメイン取得はこちらからお早めにどうぞ!↓



 

メリット2:アクセスの増加やSEO対策に有利

例えば、新元号の由来とか意味とかを調べたい場合、検索キーワードに、「新元号 由来」と入力したとします。

新元号がドメインになっている場合、例え記事やコンテンツの数が少なくても、上位表示されやすくなったり、新元号の1ワード、もしくは新元号+〇〇という2ワードだけで1ページ目に、表示される可能性があるので、アクセス数が増えるという期待が出来ます。

アクセス数が増えると、新元号に関する商品やサービスを売ることが出来たりすることはもちろんですが、より多くの人に、あなたが作成したサイトやブログで情報を伝えることが出来ます。

新元号+会社名、新元号+サービス名のドメインを取得することで、集客が見込める。

集客することで、あなたの会社の情報をより多くの人に伝えられる。商品の販売機会を増やすことが出来る、または売ることが出来る。

ぜひ、このチャンスに、新元号の入ったドメインを取得してみましょう!

↓新元号のドメイン取得はこちらからお早めにどうぞ!↓



Sponsored Link

新元号が入ったドメインの取得方法

まずは、お名前.comにアクセスし、ドメイン⇒新規ドメインの取得を選択し、希望するドメイン名を検索するのみです。

こちらの画面になるので、取得したいドメイン名を入力しましょう。平成ならば、「平成」とか「heisei」と入力します。


検索をしたあとは、以下のような画面になり、取得可能か不可能かが表示されたり、おすすめのドメインなども表示されます。


例え、お安いドメインでも、とりあえず取得しておき、新元号に関する記事などを書き、アクセスを貴方のサイトやブログに集めて、評価が高くなってから、ドメインを売却する方法もあるので、安いからといってバカには出来ませんよ?

まとめ

新元号を使ったドメインの具体例や得られるメリット、取得方法をお伝えしました。

一番の狙いは、高値で取引して、一獲千金を狙うことでしょう。

 

 

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

私の最終学歴は、高卒(県立)です。 田舎から東京へ行き、フリーターを2年経験。 21歳の時、未経験で正社員のプログラマーに!! 正社員として2年半、その後転職して フリーランスとしてシステム開発の仕事を6年半。 合わせて9年間行ってきました。 要件定義~納品。運用保守まで担当。 主な言語は、PL/SQLです。 現在は、理由(ブログでご覧ください)があって サービス業に従事(薄給です泣) もし、現在の仕事で悩んでいることがあればお気軽にコメント、ご相談ください^^ 経験者として少しはお役に立てるかと思います。