アプリ開発・ゲームプログラマーの仕事で大変なことは?

 

どんな職業にも大変なことって
あるものなんですが、アプリ開発
やゲームプログラマーにとって
大変なことってなんでしょうか?

 

 

IT業界にいる方であれば、
当然のことながら、大体職種は
違えど、予想はつくかとおもいます

 

 

これから、アプリ開発やゲームの
開発に携わりたいと思っている
方は、正直、現場の状況などが
全くわからないので、期待もある
が不安な部分も多いかと思います

 

 

では、実際に現役で働いている
アプリ開発やゲームプログラマーの
方々の本音を見てみましょう

 

 

大変なことってなんでしょうか?

 

 

アプリ開発、ゲームプログラマーの大変なこと

 

 

・プログラミング言語を習得すること

 

⇒覚えることに抵抗がなければ
問題はありませんが、英語や文字
の羅列ですから、頭がぐしゃぐしゃ
になるということも・・・

 

 

向いている人や不向きな人が
いますから、覚えることが
楽しくなければ意味がありません

 

 

苦痛を感じるようなら、そもそも向いてないかも。。

 

 

・残業時間が多い

 

⇒時にはサービス残業も。。

 

ゲームやアプリ開発に限らず
プログラマー全体をみて、
残業時間は他の職業に比べて
多いというのは事実です

 

 

私もIT業界経験者として
もちろん、プログラマーとして
仕事をしていた時期があります

 

 

忙しい時で、月の労働時間が
300時間を超えるときもあり、
休日出勤はもちろん、徹夜
なんてこともありましたから、
大変であることには違いありません

 

 

Sponsored Link


 

 

・忙しい時は休みがない

 

 

⇒↑からの続きになってしまい
ますが、忙しい時というのは
バグの修正だの、仕様変更だの
頭を掻きむしりたくなるほど
やることが多いです

 

 

プログラムを修正してはテスト

 

 

テストをしてはまた、プログラミング

 

 

と通常の業務では間に合わず
土日も出勤することになる
ってことは、よくあります

 

 

・発売、公開したあとに不具合が起きた

 

 

アプリ開発やゲームプログラマー
にとって、これは一番痛いことでしょう

 

 

大手のゲームソフトで、バグが
起きた場合、売り上げにも響く
ので、回収して直してなんて
ことは、到底不可能です

 

 

まぁ、それが起きないように
テスターを何人も使って
プレイしてもらって、おかしな
ところがないかをチェックする
のですが、それでも起きる場合もあります

 

 

なので、裏技本なんてのも
出回ったりするんですけどね^^;

 

 

アプリ開発やゲームは、
よくあるメンテナンス中期間
ていうのがありますから、
少々待ってもらえれば、バグを
修正して公開することが出来ます

 

 

そういった面では、ダウンロード
形式のゲームの方が、対応はしやすいでしょうね

 

 

ただまぁ、裏では罵声が
飛び交ったり、連日連夜、
プログラムを修正して、改修
を行う方々がいるということです

 

 

都会のど真ん中にそびえたつ
ビジネスビルの明かり・・

 

 

ここで黙々とアプリの改修を
ひたすら行い、テストを行う
日本人がいるのです。。

 

 

お疲れ様です。。

 

 

それでも、アプリ開発やゲーム開発を
やってみたい!という方は、転職を
して、体験してみるとよいでしょう

 

 

数年間、仕事をしてみてどう思うか?

 

 

ですが、どんなプログラマーも苦労を
しているということは、頭に置いといてください

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

仲ちゃん先生の最終学歴は、高卒(県立)です。 田舎から東京へ行き、フリーターを2年経験。 21歳の時、未経験で正社員のプログラマーに!! 正社員として2年半、その後転職して フリーランスとしてシステム開発の仕事を6年半。 合わせて9年間行ってきました。 要件定義~納品。運用保守まで担当。 主な言語は、PL/SQLです。 現在は、理由(ブログでご覧ください)があって サービス業に従事(薄給ですw) もし、現在の仕事(ITでもサービス業でも)で 悩んでいることがあればお気軽にコメント、ご相談ください^^ 経験者として少しはお役に立てるかと思います。