アプリ開発プログラマーの仕事のやりがいとは?

 

 

今は、昔と違って、テレビゲーム
ではなく、スマホで出来るアプリ
が日常生活に欠かせない存在と
なっています

 

 

ゲームはもちろんですが、
生活を便利にしてくれる
アプリが無料、100円とかといった
値段でダウンロードでき、
私たちの生活をより便利にしてくれています

 

 

※ゲームは暇つぶしでもあり、
同じプレイヤーとつながりが
できたりと、若者を中心に
コミュニケーションの一部となっていますよね

 

 

そんなアプリですが、使う人が
いれば、当然ながらそれを
開発した人がいるのです

 

アプリ開発その1
 

 

今回は、アプリ開発プログラマーを
独立して行っている方や企業に
属していて、毎日コツコツと
アプリを作っている方々のご意見を
拝借してまとめてみましたので
これから、目指そうと思っている方は
仕事のやりがいをどこに感じているのか?

 

 

これを知ることも大切かと思います

 

では早速・・・

 

 

アプリ開発プログラマーのやりがい

 

 

・一からモノを作ったという達成感

 

開発に必要な環境とプログラミング
の知識があれば、誰でもできますが
何もない状態から、みなさんが
不自由なく使えるモノを作った!
ということは、それまでの苦労も
吹き飛ぶくらいうれしいものです。

充実感、達成感。これを感じることが
できるのは、仕事のやりがいにつながるようですね。

 

 

・企業によりけりだが給与が良い
※独立して一人でやっている方は、
ダウンロード数が伸びたり、
課金してくれれば売り上げが多い

 

 

当然、ヒットするようなアプリを
開発すれば、会社が評価してくれ
給与アップにもつながります

 

 

まぁ、通常ですと残業代で
稼いでいるなんてことにも
なりますが、これも企業によりけりです。。

 

 

成果をあげれば、評価してくれる
会社に限りですが、稼げる職業で
あることには違いありません。

 

 

・作ったアプリやゲームがヒットした場合
(ダウンロード数が10万以上など)

 

どんなプログラマーでも
そうですが、やはり何もない
ところから、毎日コツコツと
プログラムを組んで、PCや
スマホ、端末などで動くモノを
作るということ、それが誰かの
役に立っているということに
やりがいを感じるものです

 

 

また、自分のアイディアで、
そのアプリがヒットとなり
個人でやっていれば、それが
自分の収入になること。

 

 

また次のアプリ開発も頑張ろう!

 

 

というモチベーションの維持にも
つながります。

 

 

企業に属している方は、会社から
の評価があがり、給与のアップは
もちろんですが、一気に飛躍して
役職が付いたりなんてこともあるようです

 

 

あとは人間性の問題もありますが、
謙虚な人であれば、あなたを慕う
人が多くなり、信頼が集まり、
さらに後輩を育てることにより
またまた、給与のアップや
会社の中心的人物となり、
欠かせない存在となります

 

 

みなさん、それぞれ仕事には誇りを
もち、たかがこんなアプリ・・
なんてのもありますが、誰かの生活の
役に立っていれば、それは素晴らしい職業と言えます

 

 

どんなアプリ開発をするかは、
就職や転職した企業にもよります。

 

一見楽しそうな仕事に見えますが、
これはやったことがある人しか
知らない苦労、大変さというのがあります

 

それでも、アプリ開発プログラマー
として仕事をしてみたいのなら、
思い切ってIT業界に飛び込んで
みるのもよいでしょう!

 

 

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

仲ちゃん先生の最終学歴は、高卒(県立)です。 田舎から東京へ行き、フリーターを2年経験。 21歳の時、未経験で正社員のプログラマーに!! 正社員として2年半、その後転職して フリーランスとしてシステム開発の仕事を6年半。 合わせて9年間行ってきました。 要件定義~納品。運用保守まで担当。 主な言語は、PL/SQLです。 現在は、理由(ブログでご覧ください)があって サービス業に従事(薄給ですw) もし、現在の仕事(ITでもサービス業でも)で 悩んでいることがあればお気軽にコメント、ご相談ください^^ 経験者として少しはお役に立てるかと思います。