ゲームプログラマー転職への道のり~未経験でもなる方法

未経験から、ゲームプログラマーになる方法はたくさんあります。

必要なのは、貴方の熱意のみです!

では、未経験でもゲームプログラマーに転職する方法をご紹介しますね!

 

ゲームプログラマーに必要なことは?

 

ゲームプログラマーとして活躍している人は、寝ても冷めても、三度の飯よりもゲームが好きです

特別な資格も必要ありませんし、何か人間的に優れていなければならないとか、そういう厳しい条件は全くありません。

未経験でも、ゲームプログラマーとして転職するには、貴方がゲームを作って、この世に送り出し、たくさんのユーザーが楽しく、喜んでくれるものを1つでも多く作りたい!というその熱意が一番重要です。

 

そうとわかれば、あとはゲームプログラマーになるための行動を起こしていけばいいのです。

 

最初にすべきことは?

 

いきなり、転職先を探しましょう!でもいいんですが、まず、ゲームを作りたいといっても、ゲームプログラミングがどのようなものか、知る必要があります。

 

ゲームプログラミングに触れてみる

ゲームといっても、ハードにディスクを挿入してプレイしたり、スマホ上で操作したり、ブラウザ上でプレイするゲームなど様々な種類がありますよね。

目的によって、使用するプログラミング言語も多少異なってきますが、ドットインストールという無料で利用できるプログラミング学習サイトがあります。

ゲームプログラミングがどんなものか、ぜひ体験してみてください。

ドットインストールのレッスン一覧

 

さて次からは、実際にゲームプログラマーになるための方法をご紹介します

 

先に就職する方法

 

最初は、先に就職をして、その後社内研修などでプログラミングを学び、プログラマーになるという方法です。

まず、ゲームプログラマーとして未経験でも、応募可能である企業を探さなければなりません。

自分1人で、ネット検索して探す方法もありますが、IT専門のエージェントでもある「Tech Stars Agent」に登録してみてはいかがでしょうか?

Tech Stars Agentは、IT・Web・ゲーム業界の求人を豊富に扱っているエージェントの1つです。

↓↓Tech Stars Agentを利用して、ゲームプログラマーとして就職する↓↓


エージェントを利用するメリットは、

・自分1人より、アドバイザーの協力を得ることで転職活動の時間短縮になる。

・転職のプロの目線で、履歴書や面接での答え方をアドバイスしてくれるので、採用確率が上がる。

・会員登録にしか公開しない求人情報があるので、就職先企業の選択肢が増える。

です。

1人で転職活動すると、履歴書を書いて応募して、面接を受けて・・1発採用となればいいのですが、不採用になった場合、また振り出しに戻ります。

転職活動に時間を費やすより、ゲームプログラマーとして仕事に時間を費やした方が良いに決まってるので、効率よく転職活動するために、ぜひエージェントの利用を考えてみてくださいね。

↓↓Tech Stars Agentを利用して、ゲームプログラマーとして就職する↓↓

IT・Web・ゲーム業界のエンジニア転職なら【Tech Stars Agent】

通学してから就職する

 

お金はかかりますが、ITスクールに通いゲームプログラミングを勉強したあと、学校側から就職先を斡旋してもらいゲームプログラマーとして就職する方法があります。

専門学校などは、費用が百万単位でかかるのと、数年の期間がかかります。

ただ、KENスクールでは、数ヶ月~半年の期間で、ゲームプログラミングを覚え、その後就職を目指すので、学校の授業費用を抑えることもできるし、ゲームプログラマーとして就職する時期も早くなります。

まずは資料請求をしてみましょう

↓↓KENスクールに資料請求してみる↓↓ 
KENスクール[ピーシーキョウシツ]

 

あとは面接で、志望動機や将来のキャリアプランをどう答えるかです。

 

面接での答え方

 

私がゲームプログラマーになりたいのは、何よりも三度のご飯よりもゲームが好きだからです

今まではユーザーとしての立場でしたが、次第に制作側としてゲームを開発していきたいという思いが強くなりました。

そこで今、自宅で簡単なRPGを作ったりしています。他には、学校のイベントなどに参加し、ゲームプログラミングを実際に体験してみたりして、プログラマーとして働けるような力を身に付けている最中です。

 

一人前のゲームプログラマーになるには?

 

さて、就職してからがスタートです

ゲームプログラマーとして、設計書を見ながらプログラミングをしていくのがメインの仕事になります。

企業によっては、ゲームの企画から設計などに携われる機会があるかもしれませんが、まずは経験を積むため、プログラミングとテストですね!

また、社内で働く人達とのコミュニケーションも大切になりますので、挨拶をするのはもちろん、ハキハキとした受け答えをして、社会人としても一人前になれるように、心がけていってくださいね。

 

しかし、いつも順調に仕事が進むわけじゃありません。

誰でも、1年目2年目には、失敗やミスがあり、仕事のやり方でつまずく場面が多々あります。

こういうとき、身近に相談できる先輩や上司がいればいいのですが、仕事のやり方については、貴方から見て、仕事が出来るなぁと思った人に、どうやったら効率よく作業が出来るのか、仕事の進め方のコツなどを伺ってみましょう。

教えてくれない人はいないと信じたいですが・・・その人のやり方を見て盗んでも良いです笑

 

以降は、自分なりの仕事のやり方を確立させ、今度は誰かに教えられるようになりましょう。

そして、プログラミングだけではなく、今度はゲーム開発の企画や設計などの仕事を任せられるように、技術面でも成長していきたいですね。

ここまでくるのに、約数年を目安に、今はひたすらに仕事をこなして、経験値を積み重ねることを重視しましょう。

貴方なら、きっと1人前のゲームプログラマーになれるはずです。

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

私の最終学歴は、高卒(県立)です。 田舎から東京へ行き、フリーターを2年経験。 21歳の時、未経験で正社員のプログラマーに!! 正社員として2年半、その後転職して フリーランスとしてシステム開発の仕事を6年半。 合わせて9年間行ってきました。 要件定義~納品。運用保守まで担当。 主な言語は、PL/SQLです。 現在は、理由(ブログでご覧ください)があって サービス業に従事(薄給です泣) もし、現在の仕事で悩んでいることがあればお気軽にコメント、ご相談ください^^ 経験者として少しはお役に立てるかと思います。