採用面接で仕事ができるプログラマーを見極めるには?

貴方が、人事採用担当者であれば、面接でこの人はプログラマーとして仕事ができそうだな。

あるいは、うーん、プログラマーとしての成長意欲がいまいち見られないな・・・と判断しなければなりません。

では、実際に若手のプログラマーが応募してきたとき、面接でどのような答え方をしてくれたら、信頼して思い切って採用に踏み切れるでしょうか?

面接での見極め方を私の切り口で紹介致します。

 

面接で何を聞く?


採用する側としては、入社後に一人の技術者として会社の売り上げに貢献してくれて、なおかつ後輩への面倒見が良いとか、コミュニケーション能力に優れていて、将来、会社を引っ張っていけるような、リーダーとしての力を秘めた人材を希望するでしょう?

面接では、

・なぜ、他社ではなく、我が社に応募してくれたのですか?

・我が社に入社してから、何をしてみたいですか?どんなことで貢献して頂けますか?

・今はプログラマーですが、将来はどういう技術者・人間になっていきたいですか?

を聞くと思います。

応募者の熱意、意気込み、やる気を知りたいわけですから、上記の質問を問いかけるのは、必須であると思います。

さて、これらの質問を求職者に問いかけた場合、どういう回答をしてくれたら、貴方は採用したいと思えるかを今一度考えてみましょう。

 

仕事がデキるプログラマーを見極めるには?


貴方が考える、仕事ができるプログラマーってどんな人を指しますか?

技術や経験に至っては、

・ソースコードが綺麗で読みやすい

・パフォーマンスを意識したソースコード

・作成した設計書、計画書、その他資料がわかりやすい。

などでしょうか?

 

人間性に至っては、

・元気で明るく、しゃべる言葉がハキハキとして活力が感じられる

・挨拶ができて、対応が謙虚、誠実さを感じられる。感謝の言葉がきちんと言える。

うーん、社会人としては当たり前のことではありますが、この当たり前のことが出来ることが、仕事が出来るにつながると思っています。

 

これらを、応募書類と面接で判断しなければなりませんが、仕事ができるかできないかを見極めるには、実際に会って話をしてみることです。

 

では、見極めのポイントとして、

・聞いた質問に対して、論点がずれることなく、わかりやすく答えてくれる。

・将来のキャリアプランを聞いた際には、具体的にどんな仕事をしたいか、人間として成長していきたいかなどを目を輝かせて話している

これらは、しゃべり方や表情を見れば、感じられるのではないでしょうか?

 

逆に、おどおどしてたり、内容がなんか薄っぺらないなぁって感じるようなら、採用には踏み切れないですよね?^^;

採用面接での求職者の答え方によって、あなたがこの人となら一緒に仕事していきたい。ぜひ雇いたい!我が社の将来を託してもよい!

と思えれば、自信を持って採用に踏み切れるのではないでしょうか?

 

ただ、なかなかそんな若手の人材はいないよ。。

どうやって探せばいいんだ?

求人出していても、応募すらないぞ?

と思うのは当然です。。

 

そんな若手の有望な人材を、まずは、貴方の会社の面接を受けたいと求職者に思わせなければなりません。

その前には、意欲がある若手の求職者が集まるところに、自社を知ってもらえる場所を作ることがポイントになりますね。

そこで紹介したいのが、ウォンテッドリーなんです

 

優秀な若手プログラマーを集めよう!

↓↓↓将来有望な若手のプログラマーを探すならコチラをクリック↓↓↓


 

名前は聞いたことがあると思います。

意欲のある若者が集まり、求職者と企業をマッチングさせるビジネスSNSがウォンテッドリーなのです。

 

ウォンテッドリーのメリットは、

・圧倒的に求人募集にかかる費用が少ない

・他媒体にはいない若手成長人材がいる

です

 

例えば、求人情報を掲載するとき、おいくらかかっていますか?

おそらく、50万、100万という高い掲載料を払っているのではないでしょうか?

ウォンテッドリーは、例えば、2名を採用したとして、支払う金額は30万円です。

通常、成果報酬を支払うかと思いますが、ウォンテッドリーは成果報酬を支払う必要がありません。

ですから、圧倒的に求人募集を掲載する費用を抑えることができます。

その分は、人材育成などに回せるので、大きなメリットになりますよね!

 

今、通常なら数万円~の料金がかかるところ、お試し期間として30日間は無料で利用することができます。

使い勝手がよければ、役員や社長に推薦して、利用してみるか検討してみましょう。

↓↓↓30日間の無料トライアルを利用して将来有望なプログラマーを見つける↓↓↓
まずは、30日無料トライアル【ウォンテッドリー】

最後に・・・

 

あくまで可能性であり、必ずしも、登録している求職者が、全て優秀であるとは限りません。

結局は、貴方と求職者との面接により、採用するかしないかを決めるわけですから、見極めのポイントを意識して、採用面接に臨んで頂ければと思います。

ただ、成長意欲があり、よりよい環境で働きたいという若手がいることは事実なので、良い人材に巡り合えることを願っています。

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

仲ちゃん先生の最終学歴は、高卒(県立)です。 田舎から東京へ行き、フリーターを2年経験。 21歳の時、未経験で正社員のプログラマーに!! 正社員として2年半、その後転職して フリーランスとしてシステム開発の仕事を6年半。 合わせて9年間行ってきました。 要件定義~納品。運用保守まで担当。 主な言語は、PL/SQLです。 現在は、理由(ブログでご覧ください)があって サービス業に従事(薄給ですw) もし、現在の仕事(ITでもサービス業でも)で 悩んでいることがあればお気軽にコメント、ご相談ください^^ 経験者として少しはお役に立てるかと思います。