社内SEの業務内容とは?~そのメリットとデメリットは?

現在、客先常駐のSEの方は、
たまに、社内SEの方が楽そうだな。。

なんて思ってはいませんか?

私は、社内SEになったことは
ありませんが、興味も湧きませんでした

というのも、普段の仕事で
精一杯だったからです(笑)

まぁ、顧客との付き合いも
うまくいってましたので、
わざわざ辞めてまで、社内SEに
なろうとも思いませんでしたが・・

まぁ、その名の通り、社内の
SEですから、大体の仕事内容は
想定がつくかと思いますが、
その良いところ(メリット)と
悪いところ(リスク、デメリット)
を見てみようかと思います

 

社内SEの仕事内容

 

そのままですが、自分が在籍
している会社で使っている
システムの運用や保守がメイン

使ってるソフトウェアの仕様は
もちろんですが、インフラ
についても知っておかねばなりません

ソフトとインフラで部署が
分かれていればいいですが、
そうでなければ、色んな知識が
必要とされますね・・・

何か問題があれば、即座に対応

また、新しいシステムを開発
する場合は、企画から開発まで
企業の規模にもよりますが、
それらを請け負います

 

では、メリットやデメリットを
見てみましょう

 

社内SEのメリット

 

私は客先常駐のSEでしたから社内SEには詳しくありませんが大手の転職求人サイトのdodaに詳細が掲載されています

doda

 

どうやら、大手の企業と中小企業では、仕事内容に差があるようです

大企業では、社内であってもプロジェクトの数が多いのでシステム規模が大きい

主には、上流工程が中心

一方、中小企業は、上流工程はもちろんのこと、開発もやる場面があるため、自分の技術力を活かせる

とありますが、確かに言われてみれば。。

技術メインで仕事したいのなら中小ですし、開発が面倒で戦略や企画に徹したい方は大企業でのSEが良さそうです

また、社内SEは残業が少ないというメリットがありますが、これも企業によりけりなので一概には言えませんが、どんな企業でも、客先常駐よりかは、残業は少ないようです

ただ、トラブルが発生した場合緊急招集がかかる場合がありますから、その点はSEである以上、免れない点ではあります

企画やIT戦略専門なら、技術はいりませんので、お呼びはかからないと思いますが、仕事が溜まっていれば当然ながら残業もあることでしょう。。

では、デメリットを見てみます

Sponsored Link

社内SEのデメリット

大企業の場合は、完全に部署でわけられていて、分業化されている

というところです。

自分が担当している仕事を
こなせればいいのですが、
同じような事の繰り返しで
飽きてしまうという
可能性があったりして、
技術者魂が強い人は、
企画メインってのは辛いかもしれませんね。。

中小企業の場合は、企画から
開発まで担当するわけですし
新しいシステムを導入したと
して、トラブルがあれば
色んな対応に追われて疲れ果てます^^;

反対に、技術者としての魂が
強い人は、いろんなことを
やらなければならない、中小企業
の社内SEの方が、やりがいに
関しては感じられるのかもしれません

一概にどちらが良いのか

決めることはできませんが、自分の気質を考えて、どっちが向いているのか?

自分で判断する必要があります

大企業の社内SEだけど、いまいちやりがいを感じられないのなら思い切って、中小企業に転職もありですし、もう開発はめんどくさい。。

という方は、大企業で専門的に社内SEとして働くのもあり

客先常駐SEの方でしたら、どっちが向いているか?

私は、開発もしたい派なので中小企業の社内SEが向いてると自分では思います

自分で要件定義にいって、プログラミングして、テストして納品というのが、色々と経験出来て楽しかったので^^;

まぁ、それぞれ良いところそうでないところとありますが、自分で自分のことを見極めて転職するなら慎重に。。

判断すればいいかと思いますよ

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

仲ちゃん先生の最終学歴は、高卒(県立)です。 田舎から東京へ行き、フリーターを2年経験。 21歳の時、未経験で正社員のプログラマーに!! 正社員として2年半、その後転職して フリーランスとしてシステム開発の仕事を6年半。 合わせて9年間行ってきました。 要件定義~納品。運用保守まで担当。 主な言語は、PL/SQLです。 現在は、理由(ブログでご覧ください)があって サービス業に従事(薄給ですw) もし、現在の仕事(ITでもサービス業でも)で 悩んでいることがあればお気軽にコメント、ご相談ください^^ 経験者として少しはお役に立てるかと思います。