ゲームプログラマーとして転職するために資格は必要?

ゲームプログラマーとして転職するためには、どんな能力が問われるのでしょうか?

単にプログラミングの知識があればいいのか?特別な資格は必要なのか?

そして、ゲームプログラマーになるための方法もご紹介していきますね。

 

ゲームプログラマーになるための資格


ゲームプログラマーになるために特別な資格やスキルが必要なのでは?

と思いますが、普通のシステム開発プログラマーと同じく、特別な資格は必要ありません。

 

ゲーム開発に使用する主なプログラミング言語は、

・Unity(ユニティー)

・C++(シープラプラ)

・C#(シーシャープ)

・JavaScript(ジャバスクリプト)

・Swift(スイフト)

・Ruby(ルビー)

などが挙げられます。

これらの言語は、特に資格がなければ、出来ないわけではなく、誰でもやろうと思えば学べるわけです。

書店で専門書を買ってみるのもいいし、無料のサイトで学習してみるのもよし。

誰かに教わったり、学校に通う方法もあるので、貴方のやる気だけあれば、ゲームプログラミングはいつでもどこでも出来るんです。

 

私も、全くの未経験からプログラマー(PL/SQLという言語)になりましたが、特に資格は取りませんでしたよ。

就職してから覚えたので、事前に覚えることもしませんでした^^;

 

ただ、企業の採用面接を受けるとき、IT技術者の目安・基準として、「情報処理技術者試験」や「ITパスポート」の資格をもっていると、合格するだけの能力、長時間の勉強をしたという忍耐力や理解力など、合格するまでのプロセスを評価される場合があるので、持っていて損することはありません。

 

ゲームプログラマーになるために必要なこと


大手の転職サイトなどから、ゲーム業界でプログラマーをしていた人の意見を聞くと、資格よりも大事なことは

”ゲームが好きで、やる気があること”

なんだそうです。

私は、ゲームプログラミングではなく、PL/SQL(ORACLE)という言語をやってましたけど、特にプログラミングが好きだったとかではありません^^;

 

確かにゲームは好きですけど、仕事としてやるかと言われたら、これはまた別問題。。

しかし、自分は三度の飯よりもゲームが好きだ!とか、世の中に色んなゲームを送り出して、世界中の人にプレイしてもらいたい!

という気持ちを持った人が、ゲームプログラマーになるべきだと思います。

だから、経験とか資格よりも、ゲームプログラマーになりたい、やりたいという気持ちが重要だと言うことですね。

 

あなたは、どうでしょうか?

 

そうか、やる気があればいいのか!ということは、わかりましたけど、実際にゲームプログラマーになるにはどうしたらいいでしょうか?

 

ゲームプログラマーに最短でなる方法

 

まずは、ゲームプログラマーになるために、ゲームプログラミングを学ばなければなりません。

独学で本を買ったり、無料学習サイトで学ぶ方法もありますが、結論を言ってしまうと、最短でプログラミングを覚えるには、経験者から教えてもらった方が圧倒的に早い。時間の短縮になるということです。

 

自分一人の力でやれないことはないですが、必ずどこかでつまずく場面が出てきます。

わからないことをネットや本で調べて時間を費やすよりも、知ってる人に聞いた方が早いですよね?

 

では、その教えてくれる人はどこにいるのかというと、ゲームプログラミングを教えてくれる学校に通って、経験者である講師の方に教わることです。

その学校に通い、卒業後にそのまま就職した方が早いですよね?

 

大幅に時間の節約にもなりますし、正しいプログラミングの知識が身に付けられますよね!

 

そこで、紹介したいITスクールが、“KENSCHOOL”というITスクールです。

 

KENSCHOOLの魅力とは?

 

KENSCHOOLの5つの魅力とは

1.個別指導

2.実務経験ができる

3.手厚い就職サポート

4.ライフスタイルに合わせられる

5.自宅学習もサポート

 

要は、現職中でも、自分のライフスタイルに合わせて勉強する時間帯が選べるし、ゲームプログラマーとして実務経験さながらの授業が受けられる。

ゲームプログラミングに詳しい講師の方が、理解するまで徹底的に教えてくれる。

卒業後は、IT企業への就職サポートも行ってくれるという、例え未経験でも、ゲームプログラマーになれる環境が全て揃っているということが言えますね!

 

いきなり問い合わせたからといって、入校しなければならないということではありません。

他にも、ゲームプログラミングを教えてくれる学校はありますが、その中でも、KENSCHOOLは、人気のある学校の一つなので、まずは資料だけでも取り寄せてみましょう。

↓↓まずは資料請求からしてみましょう。お申し込みはこちらからどうぞ↓↓
KENスクール[ピーシーキョウシツ]

もちろん、無料相談や無料体験も行っていますので、興味があればお問い合わせしてみてください。

 

まとめ

ゲームプログラマーになるには、資格や特別な能力は必要なく、単に貴方のやる気次第でなれるということが言えます。

KENSCHOOLは、ITスクールとして全国でも有名な学校で、利用者数も多いです。

これから、ゲーム業界で働きたいのであれば、まずは学校に通って、プログラミングを覚えることから始めましょう!

↓↓まずは資料請求からしてみましょう。お申し込みはこちらからどうぞ↓↓
KENスクール[ピーシーキョウシツ]
もちろん、無料相談や無料体験も行っていますので、興味があればお問い合わせしてみてください。

 

 

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

仲ちゃん先生の最終学歴は、高卒(県立)です。 田舎から東京へ行き、フリーターを2年経験。 21歳の時、未経験で正社員のプログラマーに!! 正社員として2年半、その後転職して フリーランスとしてシステム開発の仕事を6年半。 合わせて9年間行ってきました。 要件定義~納品。運用保守まで担当。 主な言語は、PL/SQLです。 現在は、理由(ブログでご覧ください)があって サービス業に従事(薄給ですw) もし、現在の仕事(ITでもサービス業でも)で 悩んでいることがあればお気軽にコメント、ご相談ください^^ 経験者として少しはお役に立てるかと思います。